棟板金工事

棟板金とは?

板金ということ言葉は知っているけど、板金がどんな物で、どこに使われているのか存知無い方も多いのではないでしょうか?

下図のように、スレート(コロニアル)の瓦を最後に押さえている重要部分の事を指します。

瓦と瓦の合わさる山状の接続部分、ここを覆って雨水の侵入を防ぎ、なおかつ屋根材を固定しています。

板金について

毎年、台風の通過後、問い合わせランキングNO.1が棟板金です。

『庭に落ちてきた。』『飛んでどこかえいってしまった。』『変形して明らかに飛びそう』など、状況は様々です。

なぜこのようになってしまうのか。その原因のほとんどが板金を固定している、下地木材の劣化です。

棟板金は、下地の木材に釘のみで固定されています。

劣化により、釘もサビ、固定力が弱く強風にかてないのです。

 

下地木材の劣化 下地木材の劣化2

従来、板金を固定している下地は木材でした。

それにより、雨水が侵入してしまうと、腐食や劣化をおこし、釘もききません。

私達は、下地を木材ではなくプラスチック製の下地樹脂を使用します。

釘も鉄ではなく、ステンレス製のねじ込みビスを使用します。

これらによって、強風にも負けない棟板金と安心をお届けします。

従来の棟はトタン製で、雨風と戦っても錆びてしまい、サビにより穴が開き雨漏れにつながっていました。

私達は錆びにくい板金ガルバリウム鋼板を使用します。