屋根補修工事

漆喰画像

屋根補修工事とは

九州は昔から、地震と隣合わせの生活を余儀なくされてきました。隣県で地震があった場合でも、自宅の外壁や、外塀、基礎や、内装クロスにまでひび割れは現れます。内装には影響が出ないことが多いですが、外壁、外塀、基礎は《雨が降って地固まる》とはいきません。そこは人の手を加えて固めてあげなければなりません。確固材質や程度に合わせた材料で一本、一本丁寧に手作業で固めてあげることによって防水が可能です。また今現在は建築材料も進化し、元々のコンクリートの何倍、何10倍もの耐久性を誇る補強材もあります。ひび割れを見つけたら手遅れになる前に、屋根補修工事を検討しましょう。

屋根補修工事の種類

瓦止め工事

瓦止め工事は瓦をコーキングなどによって固定することでずれにくくし、風害に強くする工事です。コーキングを塗る工法は「ラバーロック工事」「ラバーコーキング工事」「シリコン瓦止め工事」「瓦パテ止め工事」「ズレ固定工事」など、様々な名称で呼ばれています。他にも「ボンド止め」や「金具止め」といった工法もありますが、ここでは「瓦止め工事」と総称します。

漆喰左官工事

瓦と瓦の接着剤(漆喰)を補修する工事です。漆喰が痛んでしまうと、接着剤としての機能を果たさなくなるため、瓦にズレが生じてしまうのです。漆喰の剥離は雨漏りを引き起こす危険性があるのです。状況に応じて棟の取りなおし工事や漆喰の増し詰め工事をご提案しています。

雨樋工事

雨樋は詰まりやゴミが溜まったり、経年劣化により破損してしまうことがあります。雨樋の破損や劣化を放置すると、雨漏れが起きるだけでなく、建物の寿命を縮めてしまいます。雨漏りはしていなくても、雨樋の劣化を発見したら、早めにリフォームを実施しましょう。状態がどんどん悪化してしまうと、他の箇所にも影響しやすくなる上、改修費用も膨大になってしまいます。

ルーフィング工事

雨から屋根を守っているのは屋根材(瓦・スレート材)と考えていますが、屋根材は雨が直接進入するのを防いでいるだけで家を雨から守っているのはルーフィング(防水シート)です。屋根材の役割は外観を良くするのと直接雨を進入させないことです。進入してきた雨から家を守るのはルーフィングの役目です。ルーフィング(防水シート)がないと進入してきた雨がコンパネに吸収されて蓄積されてしまいます。蓄積された雨がやがてはしずくとなって天井に雨漏りとして顔を出します。つまり雨漏りは屋根材の劣化によって起こるのではなくルーフィング(防水シート)の劣化によって起こるものなのです。屋根材が劣化をすると雨が進入しやすくなってルーフィング(防水シート)の劣化が早くなります。さしずめルーフィングは雨から家を守る最後の砦といえます。ルーフィング(防水シート)を適したものにすれば漏りを防ぐ確立を高くできるだけでなく、屋根の寿命が伸び、施工が簡単にできて費用を安くすることができます。

屋根塗装工事

最も普及しているのがスレート(カラーベスト・コロニアル)屋根です。目安として10年毎に塗装が必要であり、寿命は20~30年と言われています。屋根材と屋根材の重なり部分に僅かな隙間があり、そこから屋根材の下に入ってしまった水分や湿気を排出するようになっています。屋根塗装をする場合、スレートとスレートの重なり部分は雨水が溜まりやすいので、ここもしっかり塗りこみます。すると、塗料によって塞がれてしまったり、狭くなったりしてしまいます。このように塗装工事は重要な役割を担っていると言えます。

桟木(サンギ)新設工事

雨や経年劣化などにより桟木が腐食したり、桟木を固定していた釘が錆びたり、桟木の縁が陥没するといった症状が発生することがあります。桟木の損傷は雨漏りの原因にもなるので、何かしらの補強をしてあげる必要があります。